脂肪吸引 体重制限 体重100キロ以上

  • 脂肪吸引を受ける前に知っておきたいリスク
  • 脂肪吸引に体重制限はある?脂肪吸引が受けられない人の条件
  • 体重100キロ以上だとむすかしい?

肥満で悩んでいる人は、脂肪吸引について気になっている人も多いのではないのでしょうか。

 

しかし、脂肪吸引は

  • 誰でも受ける事ができるのか?
  • リスクはないのか?

 

など、不安に思っている人も多いと思います。

 

 

特に、体重が多ければ、

脂肪吸引ができない事もあるのでしょうか。

 

 

今回は、

そんな不安を事前にお教えしたいと思います。

 

 

脂肪吸引を受ける前に知っておきたいリスク

内出血&アザ

 

脂肪吸引では、

カニューレという器具を使い

脂肪を吸引していきます。

 

このカニューレは、

皮下脂肪の中を何度か行き来して

脂肪を吸引します。

 

その際にどうしてもダメージがあり、

そのダメージが内出血やアザとなり現れます。

 

特に、

体重の重い人

脂肪量の多い人

というのは、内出血は多くなる場合が多いです。

 

 

また、医師の技術によっても

内出血の量は変わります。

>>肥満なら肥満治療として脂肪吸引すべき?保険も適用される?

 

腫れ&むくみ

キャラ

脂肪吸引後によくある症状として、腫れ&むくみがあります。

 

この腫れは、

術後の患部が炎症により

熱を持ってしまう事から

起こる現象です。

 

 

また、術後は施術部分の血液の流れが

一時的に悪くなります。

 

そうする事で、

体内の水分を上手く排出できずに

むくんでしまうのです。

 

 

しかし、

どちらも自然に収まる症状なので

事前に知って心配しないようにしましょう。

 

痛み

痛みに関しては、

”痛くない”とか”痛い”

とかあったり様々ですよね。

 

 

この違いは、

方法によって多少違うと言えますが、

基本的に痛みはあるものです。

 

 

なぜなら、

脂肪吸引時に受けたダメージと

除去した細胞が元の状態までに戻るには、

どうしても痛みが伴うのが当たり前なのです。

 

 

その痛みですが、

耐えられない痛みというよりは、

強い筋肉痛のような痛み

と表現されています。

>>【ベイザー脂肪吸引の体験談】ダウンタイムや術後の痛みは?

 

死亡のリスクは?

医療事故は、

厳密に言うとゼロとは言えません。

 

 

日本のクリニックでの死亡事故は、

かなり確率が低いと言えます。

 

 

しかし今回は

リスクを知るという目的で、

この”ゼロではない”という部分に

あえて注目しましょう。

 

 

なぜなら、

やはり人の手で行う事なので

100パーセントはないと思うこと。

 

個々で危機感を

持つことは大切

という意味も含みます。

 

 

だからこそ、

信頼できるクリニックを選ぶことが

重要となるのです。

>>【脂肪吸引の危険なリスク】後遺症や合併症・感染症で死亡もあり得る?

 

脂肪吸引に体重制限は?
脂肪吸引が受けられない人の条件

脂肪吸引は、

誰でも希望すればすぐに受ける事が

できるという訳ではありません。

 

例えば、

成長途中にある18歳未満は、

脂肪吸引ができません。

 

逆に高齢で、

もともと皮膚や筋肉に

ゆるみがある場合、

脂肪吸引でさらに

たるんでしまう事もあります。

 

そのため、

できない訳ではないのですが

リスクもある事を告げられることもあります。

 

 

また、

最初の検査で貧血の人は、

脂肪吸引を受ける事が難しいでしょう。

 

その他、

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 感染症
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害

などがある人も脂肪吸引は難しくなります。

 

更に、

体重によっては

脂肪吸引が困難であったり、

リスクから断られてしまうケースもあります。

 

 

体重100キロ以上だとむすかしい?

麻酔が効かない

 

厳密に言えば、

体重100キロ以上の人でも

脂肪吸引自体は可能です。

 

 

しかし、

多くのクリニックが

断る対象となるのが実情です。

 

 

その理由の一つは、

麻酔が効きにくい

という事です。

 

 

脂肪吸引には欠かせない麻酔ですが、

この量は体重に対し決まります。

 

 

また、肥満指数である

BMIが30を超えている

麻酔が効きにくいのです。

 

 

当然、体重100キロ以上ともなれば

BMIもそれなりに高く、

麻酔は効きにくくなります。

 

また太っている事で、

麻酔を正常に入れる事が困難

場合もあります。

 

 

こういった事から、

クリニックによっては

先にある程度の減量をお願いしたり、

断るケースもあるのです。

 

施術後のリスク

 

最近の脂肪吸引は、

内出血や痛みなど術後の症状も少なく、

ダウンタイムも短い方法がたくさんあります。

 

 

しかし、

体重100キロ以上の人が

脂肪吸引をする場合、

その施術範囲も除去する

脂肪量もかなりのものになりますよね。

 

 

そうすれば、

当然術後の痛みや症状も

伴ってくるのです。

 

 

また、仮に脂肪吸引ができるとしても

一度で全てを取り除くのは

難しいケースもあります。

 

医師のレベルによっては

断られてしまうケースもあるのです。

 

持病の可能性

 

100キロ以上の人が、

脂肪吸引を受ける事ができない場合、

体重よりも持病

が影響している事もあります。

 

 

先程の

『脂肪吸引が受けられない人の条件』

にもあった、

病気との関係が理由となる

ケースが多いのです。

 

 

例えば、

体重100キロを超えてくると

身体には様々な症状が現れている

可能性が高いです。

 

 

その一つとして、

糖尿病や肝脂肪、肝機能障害などは

体重100キロを超えている人が

掛かっている確率が非常に高いといえるでしょう。

 

そうすると、

脂肪吸引は難しくなり、

結果として体重を一定ラインまで

落としてくるなど、

指導を受ける事があるのです。

 

安全に脂肪吸引を行うためには?

 

脂肪吸引は、

“誰でも受けられる”

というイメージがありましたが、

 

そうではない事がわかりましたね。

 

しかし、

体重制限に関しては

明確な規定があるわけではありません。

 

リニックによっても

条件は変わってきます。

 

 

だからこそ、

体重がある人でも

安心して脂肪吸引を受ける為に、

いくつかの注意点があるのです。

 

 

まずは、

一つ目のクリニックで

体重が理由で断られたからと言って、

諦める必要はないのです。

 

 

いくつかのクリニックに

問い合わせる事で、

受け付けてくれるところもあるので

探してみましょう。

 

その時に、

簡単にできると判断するクリニックよりも、

まずはカウンセリングを通して判断すること。

 

状況を把握した上で、

どのような方法の脂肪吸引が

合っているかを

丁寧に説明した上で、

できると判断してくれる

クリニックを選ぶことが大切です。

 

なぜなら、体重が多ければ、

それだけ難易度は高くなります。

 

 

だからこそ、

それなりに実績があったり

経験値が必要なのです。

 

 

残念ながらそうではない

医師も中にはいます。

 

 

また、格安であったりするところより、

ある程度の価格でも

カウンセリングにも時間を掛け丁寧に

行ってくれるところを選ぶこと。

 

結果的に自分の理想とする体型に

安全に近づくポイントといえるでしょう。

 

 

 

さいごに

いかがでしたか。脂肪吸引は正しい知識を受ける側も持っている事も大切です。
キャラ

その為には、どんなリスクがあるのかを知る事は安心にも繋がりますよね。

また、

脂肪吸引には

ある程度の施術条件が

ある事も分かりました。

 

 

しかし、体重があっても

脂肪吸引は受けられない

という訳ではありません。

 

一つに絞らず色々と問い合わせて比較し、

安心できるクリニックを探しましょう

 

脂肪吸引に関する悩み・相談については、以下のブログ記事も参考にしてみてください。

>>脂肪吸引に体重制限はある?体重100キロ以上だと受けられない?

>>男性は胸の脂肪吸引が人気?痩せにくいところの部分痩せに効果的!

>>メンズの全身脂肪吸引の費用は?モニターになれば格安で受けられる?

>>脂肪吸引後の抜糸なら自分でできる?糸を放っておくと危険?

>>二の腕の切らない脂肪吸引なら痛くない?圧迫も簡単でオススメ?

>>肥満なら肥満治療として脂肪吸引すべき?保険も適用される?

>>切らない脂肪吸引なら痛くない?ダイエット効果や費用は?

脂肪キュイーン 脂肪キュイーン 脂肪溶解注射 BLNS注射 脂肪吸引 選び方 脂肪溶解注射 オススメ クリニック 脂肪溶解注射 顔痩せ 効果 脂肪吸引 おすすめ クリニック ランキング 脂肪キュイーン