ふくらはぎ 太くならない ランニング 太くなった

  • ふくらはぎが太くならないランニング!
  • ランニングでふくらはぎが太くなった?

少し前から、ランニングブームが到来しています。

特に、

30代~50代の間

で人気の運動になっています。

 

 

健康のため、美容のため、

ランニングをする目的は

人によって様々です。

 

 

中でも、

女性の悩みの中で一番多いのが

下半身の太さです。

 

 

キャラ

下半身太りのことですね。

 

 

ランニングは、

有酸素運動で脂肪を燃やすのには

最適な運動なので

 

下半身も引き締まるはず!

 

 

そう思って、頑張って

走りこんでいる人がいるかと思います。

 

 

なのに一向に細くならず、

それどころかむしろ

 

太くなってしまった

というお話しもよく聞きます。

 

 

気になる脚の脂肪を落として、

ほっそりとした脚

を手に入れたいですよね。

 

 

ランニングは

走り方をマスターすれば

 

痩せ効果が期待できる

エクササイズです。

 

 

天気が良い日に限られますが、

外でランニングをすれば

 

ジムにも通わず

お金もかからず

に済むエクササイズです。

 

 

そんなランニングで、

細い脚をゲットできたら

嬉しいですよね。

 

ふくらはぎが太くならないランニング!

ダイエットのためにランニングをしているのに、

逆に脚が太くなったという方がいます。

 

その原因が走り方にあることは、

大体想像つくかと思います。

 

 

脚を細くするためには、

正しいランニングフォーム

といくつかのポイントが必要なんだそうです。

 

 

間違った走り方をしていると、

脚はどんどん

太くなってしまいます。

 

 

そこで、

脚が太くならない走り方

のポイントをお教え致します!

 

脚が太くならない走り方
  • 背筋を伸ばして走る
  • しっかり腕を振る
  • 着地は足全体で
  • 運動前はストレッチ
  • 20分以上のランニング
  • ゆっくり長く走る

 

背筋を伸ばして走る

脚痩せが目的だと、

下半身に意識

がいくかもしれませんが、

 

上半身の姿勢も大事です。

 

 

上半身の姿勢が整っていれば、

自然と走り方のフォーム

も整ってきます。

 

 

背中を丸めてしまうと、

脚全体の筋肉を

使いにくくなってしまいます。

 

 

そうすると、筋肉の発達が

かたよってしまうため、

 

落としたい部分の脂肪

燃焼させることが難しくなります。

 

 

また、部分的に筋肉がついてしまうことで

それも

 

脚が太く見える原因

になってしまうのです。

 

 

これらのことからも、

上半身の姿勢はとても大事です。

 

しっかり腕を振る

腕の振り方が大きいと、

自然と姿勢が正されます。

 

 

後ろに振ることを意識して、

肩甲骨を意識しましょう。

 

 

二の腕の引き締めの効果

にも繋がりますよ!

 

着地は足全体で

着地をするときは、

 

脚の裏全体で

地面を感じて着地しましょう。

 

 

内股や、がに股の状態で走ると

余計な部分に力が入り

 

筋肉の付き方に偏り

が出てきてしまいます。

 

 

体重は、

均等に脚の裏全体

にかけましょう。

 

運動前はストレッチ

運動前は、

ストレッチがとても重要です。

 

 

いきなり走ってしまうと、

怪我をするリスク

を高めてしまったり

関節を痛めやすくなってしまいます。

 

 

特に、ふくらはぎやアキレス腱は

しっかりストレッチ

をして伸ばしましょう。

 

 

また、ストレッチは血行を良くしますので

脂肪の燃焼率

も上がります。

 

 

人間の体は、運動を始めてすぐは

脂肪が燃焼されない

ことをご存知でしょうか。

 

 

最初にエネルギー源として使われるのは、

体の中に溜まっている糖質ですが、

 

それがなくなると今度は

脂肪が使われ始め燃焼されます。

 

 

脂肪が燃焼されるまでにかかる時間は、

ランニングを始めてから

15分ですので、

 

それ以上走らないと

ほとんど意味がない

ということになるのです。

 

20分以上のランニング

最低20分

はランニングを続けてください。

 

 

脂肪を燃やす条件は、

20分以上の運動です!

 

 

身体の脂肪燃焼量は、

走るスピードではなく

走る距離に比例します。

 

ゆっくり長く走る

速く走ると

筋肉が大きくなってしまう

ので逆効果です。

 

 

脂肪をたくさん燃焼させるためには、

ゆっくり

長い時間、長い距離

を走ることが大事です。

 

 

長いといっても、

2時間や3時間

走らなくてもいいです。

 

 

30分を目安に走れば、

十分脂肪を燃焼してくれます。

 

 

走り方のポイントとしては、

この6個が重要になってきます。

 

 

この走り方を意識するだけでも

十分に脚痩せ効果

が出せます。

 

 

もし余裕があれば、

  • 二の腕やお尻
  • 太ももの太さ

を毎回測ってみてください。

 

 

自分で自分のサイズを知るのも大事です。

 

 

走る前は、マッサージで

足の筋肉をほぐして

燃焼しやすくし、

 

走るときはゆっくり

長い時間姿勢よく走って下さい。

 

 

キャラ

終わったら太さを測ってみましょう。

 

この流れを大事にして

一度ランニングに取り組んでみてください。

 

ランニングでふくらはぎが太くなった?

足首や太ももはそこまで太くないのに、

ふくらはぎだけムキムキ太い人がいます。

 

脚を細くしたくてランニング

をしているのに、

ふくらはぎがどんどん

育っていってしまう人がいます。

 

 

どうして

脂肪を燃焼しているはず

なのに、

太くなっていってしまうのでしょうか?

 

 

結果から言うと、それは

走り方に問題

があるのです。

 

 

上記で紹介した走り方を意識して、

実践してみれば、

 

太くなることは

ほとんどない

かと思います。

 

 

ただ走ればいいというわけではありません。

 

 

ふくらはぎは元々筋肉がつきやすく、

ランニングを始めてすぐは

 

筋肉がつくことで

太くなります。

 

 

でもそれは最初だけで、

正しい走り方を続けていけば

 

自然とスッキリ

細くなって行きます。

 

 

ランニングを始めたばかりの頃、

筋肉痛を感じる人

がいるかと思います。

 

 

今まであまり使っていなかった筋肉が

使われたため

に起こる痛みです。

 

 

それは

筋肉が育っている証拠

でもあります。

 

 

筋肉がつき始め、それから

代謝がアップして

どんどん脂肪が燃焼されるようになります。

 

 

筋肉がついてくれば、

脂肪の燃焼を促進

してくれるので、

 

最初は太くなったように

感じるかもしれませんが、

 

めげずに

ランニングを続けてみてください。

 

 

脚は次第に細くなっていくはずです。

 

 

これは脚の太さだけでなく、

体重にもあることなのだそうです。

 

 

最初は筋肉量が増えたことで

体重も増えますが、

後に徐々に減っていくそうです。

 

 

根気よく続けていけば、

必ず結果は出るので、

長く続けてみてください。

 

まとめ

脚が太くならないランニングの仕方と、

どうしてランニングをしてるのに脚が太くなってしまうのかをご紹介しました。

 

走り方が間違っていれば、

どれだけ頑張ってランニングをしても

 

どんどん脚が

太くなっていってしまう

ということがわかりました。

 

 

ランニングは20分以上

絶対に走るということ、

 

スピードよりも長く走ることが大事です。

 

 

ジムに通わなくても

外で行うことのできる運動ですから、

ぜひ一度試してみてください。

 

 

脚の太さや体重などを

測りながら行うのも効果的

かと思います。

脂肪吸引やエステによる部分痩せ・脚痩せについては、コチラのブログ記事もチェックしてみてください。

>>ランニングで脚の脂肪が落ちるどころか太くなった?脚やせなら脂肪吸引

>>【二の腕を一週間で細くする筋トレ】細くするならマッサージより筋トレ?

>>短期間で二の腕を細くする方法!ダンベルの筋トレが引き締めに効果的?

>>ふくらはぎが太くならないランニング!ランニングでふくらはぎが太くなった?

>>上半身ガリガリで脚が太いなら脂肪注入・豊胸!美脚&美乳に効果的!

>>下半身太りで胸が小さいなら脂肪注入・豊胸!美脚と美乳を手に入れる!

脂肪キュイーン 脂肪キュイーン 脂肪溶解注射 BLNS注射 脂肪吸引 選び方 脂肪溶解注射 オススメ クリニック 脂肪溶解注射 顔痩せ 効果 脂肪吸引 おすすめ クリニック ランキング 脂肪キュイーン