脂肪溶解注射 オススメ クリニック

  • ダイエットしても太もも・二の腕の部分痩せができない?
  • ダウンタイムが短い手軽な痩身治療を受けたい?
  • メスを使ったり腫れなどの痛みには抵抗がある?
  • 傷跡が残る脂肪吸引は絶対にNG?

1つでもYESと

答えられましたか?

 

もしそうなら、脂肪溶解注射での

痩身治療がオススメかも?

キャラ

こちらでは、脂肪溶解注射についてまとめています。

痩身治療の大まかな流れは以下の通りです。

脂肪キュイーン

キャラ

広範囲な部位をスッキリさせたいなら脂肪吸引!

ただ、脂肪吸引は施術費用が高額になりますし

ダウンタイムも長いです。

 

ですから、基本的には

脂肪溶解注射からチャレンジ

してみましょう。

脂肪溶解注射ランキングへ

 

脂肪溶解注射・脂肪吸引の比較

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いについては、以下に分かりやすくまとめておきました。

施術方式費用ダウンタイム痛み傷跡
脂肪溶解注射5000円~ほとんど無し注射針を刺す程度ほとんど目立たない
脂肪吸引50万円前後~3,4ヶ月ほど
シコリは1年ほど残る
 麻酔が切れると
2週間ほど鈍痛が続く

 切開した傷跡が残る

脂肪溶解注射メリット・デメリットについては後ほど詳しくお伝えします。

脂肪溶解注射ランキングへ

 

脂肪溶解注射の価格・料金比較

脂肪溶解注射・BNLS注射の主なクリニックを

施術料金・費用を表でまとめています。

 

ただ、表でクリニックごとの

料金・費用を比較するのは大変ですよね

 

ぜひ以下から、

脂肪溶解注射を受けられる

クリニックを確認してみてください

ランキングを見る

クリニック名BLNS注射脂肪溶解注射
湘南美容外科3,900円(初回)
4,500円(通常)
15,800円(モニター)
29,800円(通常)
品川スキンクリニック1,000(初回)
3,950円(通常)
なし
品川美容外科1,000(初回)
3,950円(通常)
なし
もとび美容外科3,800円~(通常)なし
水の森美容外科8,900円(会員価格)
16,000円(通常)
14,000円(会員価格)
20,000円(通常)
THE CLINIC8,800円18,900円(初回)
21,000円(通常)
共立美容外科16,200円 21,600円
高須クリニック60,000円30,000円(ボディ)
60,000円(顔)
城本クリニック9,500円(ボディ)
14,000円(顔)
25,000円(1回)
60,000円(3回)
渋谷美容外科 無し34,500円

それでは続いて、当サイト「脂肪キュイーン」でオススメしている脂肪溶解注射クリニックをご紹介していきます。

ランキングの判断基準
  • 価格設定がリーズナブル
  • 担当医にカウンセリングしてもらえる
  • 施術内容の充実度
  • アフターフォローの充実度

ランキングを見る

 

 

 

脂肪溶解注射にオススメなクリニック4選

品川スキンクリニック(東京・大阪)

比較ポイント評価
施術費用
注射の種類
カウンセリング
アフターフォロー

レビュー記事はこちら

 

脂肪溶解注射を最安値で受けるなら

品川スキンクリニックで決まり!

 

「1日脂肪取りスリム・プログラム」

というものが提供されています。

 

モニターの結果によると約1ヶ月後には

「ウエスト-18cm以上・体重-6kg以上」

という圧倒的な痩身効果が実証

されています。

 

他にも数多くのモニター実績が公開されています。

ぜひ公式ホームページをチェックしてください。

 

また痩身効果が高いことはもちろんのこと、

脂肪溶解注射の中では破格の2400円

で施術が受けられます。

 

トライアル価格ではなく

何度でも同じ価格で受けられます!

 

非常にリーズナブルな価格設定

となっています。

施術内容&費用
  • 1日脂肪取りスリム・プログラム(エバースリム)
    :2,400円(通常価格)
  • 1日脂肪取り・顔痩せ
    :1,000円(トライアル価格)

 

レビュー記事はこちら

 

品川美容外科(東京・大阪)

比較ポイント評価
施術費用
注射の種類
カウンセリング
アフターフォロー

レビュー記事はこちら

 

品川スキンクリニックと同様に

オススメなクリニックは品川美容外科です。

 

品川スキンクリニックと同系列の美容クリニックで、

破格で脂肪溶解注射を受けられます。

 

同じ内容の施術を受けられますから、

品川スキンクリニック・品川美容外科の

アクセスしやすい方を選べば問題なし!

 

施術内容&費用
  • 1日脂肪取りスリム・プログラム(エバースリム)
    :2,400円(通常価格)
  • 1日脂肪取り・顔痩せ
    :1,000円(トライアル価格)

 

レビュー記事はこちら

 

もとび美容外科(東京のみ)

比較ポイント評価
施術費用
注射の種類
カウンセリング
アフターフォロー

レビュー記事はこちら

 

品川スキンクリニック・品川美容外科の

いずれも近くにない場合なら

「もとび美容外科」もオススメです。

 

BNLS注射は注入量や回数に応じて

価格が変わってきます。

 

たとえば、

一番安くなる条件だと

1ccあたり3,800円!

 

BNLS注射だけでなく

リジェンスリムという痩身施術

もあります。

 

施術内容&費用
  • BNLS・neo注射
    :3,800円〜(通常価格)
  • リジェンスリム
    :14,800円(通常価格)

 

レビュー記事はこちら

 

湘南美容外科クリニック(東京・大阪)

 

比較ポイント評価
施術費用
注射の種類
カウンセリング
アフターフォロー

レビュー記事はこちら

 

湘南美容外科クリニックでも

破格で脂肪溶解注射・BLNS注射

を打ってもらうことができます。

 

それぞれ比較的安いクリニックであっても

2万円程度はするものです。

 

そんな中、

湘南美容外科クリニックでは

BLNS注射:3900円

脂肪溶解注射:16000円

となっております。

 

大規模クリニックということで担当医とカウンセラーは

分かれているところがデメリットではあります。

 

しかしながら、デメリットを上回る

リーズナブルな価格設定は魅力的ですよね?

 

アフターフォローも充実していますから、

施術後に疑問点は担当医に気軽に相談できます。

施術内容&費用
  • BLNS neo
    :初回 3,900円 通常 4,500円
  • 脂肪溶解注射
    :モニター 15,800円 通常 29,800円

 

レビュー記事はこちら

 

THE CLINIC(東京・大阪)

脂肪吸引

比較ポイント評価
施術費用
注射の種類
カウンセリング
アフターフォロー

公式ページはこちら

レビュー記事はこちら

 

 

THE CLINICは比較的

価格設定が若干高めです。

 

 

それでも、

脂肪溶解注射クリニックでは

非常に割安な価格設定

となっています。

 

また、

THE CLINICでは

担当医とカウンセリングできますから、

 

あなたにとって理想的な仕上がりについて

細かいニュアンスまで正確に伝えられます。

 

THE CLINICの医療技術は

日本国内の美容クリニックの中でも抜群で、

 

修正手術の担当や美容外科医対象の

技術指導セミナーも開催!

技術力も非常に安心です。

 

安さだけでなく技術力も重視するのであれば、

THE CLINICを選択するのもありでしょう。

 

公式ページはこちら

レビュー記事はこちら

 

オススメなクリニックを

お伝えしてきましたが、

 

脂肪吸引を提供している

他院の費用についてもまとめておきます。

 

チェックしていただければ、

オススメしている美容クリニックが

どれだけオトクかお分かり頂けるはず!

 

クリニック名BLNS注射脂肪溶解注射
湘南美容外科3,900円(初回)
4,500円(通常)
15,800円(モニター)
29,800円(通常)
品川スキンクリニック1,000(初回)
3,950円(通常)
なし
品川美容外科1,000(初回)
3,950円(通常)
なし
もとび美容外科3,800円~(通常)なし
水の森美容外科8,900円(会員価格)
16,000円(通常)
14,000円(会員価格)
20,000円(通常)
THE CLINIC8,800円18,900円(初回)
21,000円(通常)
共立美容外科16,200円 21,600円
高須クリニック60,000円30,000円(ボディ)
60,000円(顔)
城本クリニック9,500円(ボディ)
14,000円(顔)
25,000円(1回)
60,000円(3回)
渋谷美容外科 無し34,500円

ランキングを見る

 

ここで、

BNLS注射と脂肪溶解注射の違い

について解説しておきます。

 

BNLS注射と脂肪溶解注射の違い

比較ポイントBLNS注射脂肪溶解注射
腫れ・痛みほとんど無い数日間
施術費用比較的高い比較的安い
 対応部位顔・フェイスラインボディー全体

BNLS注射は顔の部分痩せにオススメ

キャラ

BNLS注射は顔やせ・フェイスラインにおすすめ!

従来の脂肪溶解注射でも

顔痩せに効果はあるのですが、

 

あまりにも腫れや痛みが強い

ということが理由で敬遠

されていました。

 

そこで登場したのがBLNS注射です。

 

痩身効果は脂肪溶解注射よりも

劣りはするのですが、

 

副作用・ダウンタイムが

ほとんど無いため、

 

顔やフェイスラインなどの

敏感な部位でも受けられます。

 

一般的に、BLNS注射は脂肪溶解注射よりも

価格設定が高い傾向にあります。

 

ですが、

湘南美容外科クリニックであれば

4000円ほどで受けられます!!

 

是非活用してくださいね。

 

脂肪溶解注射は体全体に効果的だが腫れに注意

キャラ

脂肪溶解注射は体全体に痩身効果を期待できます。

顔の腫れが長引くことが心配であれば

BLNS注射がおすすめです・

 

ダウンタイムが長くても

大きな効果を求めるなら脂肪溶解注射もOK!

 

また、

脂肪溶解注射は太もも・二の腕・アゴ下などの

部分痩せが難しい部位に非常に効果的

となっています。

 

次に、

脂肪溶解注射のメリット・デメリット

についてお伝えしていきます。

ランキングを見る

 

脂肪溶解注射のメリット

メリットまとめ
  • ダウンタイムが短くて痛み・腫れも少ない
  • 傷跡が残らずに済む
  • 数千円から1万円で気軽に受けられる

ダウンタイムが短くて痛み・腫れも少ない

キャラ

脂肪溶解注射ならダウンタイムの心配は不要!

施術部位は2,3日腫れることもありますが、

一般的には翌日にはスッキリしているはず。

 

ただし、

顔や目の周りなどの皮膚が薄い部分では

腫れが大きかったり、長引くこともあります。

 

もしこの点が心配であれば、

BNLS注射を選択すれば問題ありません

 

傷跡が残らずに済む

キャラ

脂肪吸引のように体に傷跡が残る心配もありません。

インフルエンザの予防接種などをイメージすれば

お分かりいただけると思いますが、

 

注射をしたとしても

傷跡は残りませんよね。

 

反対に脂肪吸引となると、

施術部位を切開してカニューレを挿入するため

傷跡や色素沈着といったリスクがあります。

 

数千円から1万円で気軽に受けられる

キャラ

未成年でもバイトで貯めたお金で受けられるようなお手軽な料金設定です。

美容クリニックによっては

1回3万円から6万円するところもありますが、

 

湘南美容外科クリニックであれば

4000円ほどから受けられます。

 

脂肪溶解注射は、

痩身効果を実感するまでに

4回から6回程度は受けるべき

 

ですから、

施術費用が安いとありがたいですよね。

ランキングを見る

 

脂肪溶解注射のデメリット

デメリットまとめ
  • 大豆アレルギーだとNG
  • 施術を何度か受ける必要がある
  • 痩身効果は脂肪吸引に劣る

 

大豆アレルギーだとNG?

キャラ

大豆アレルギーの場合には、担当医に相談しましょう。

 

脂肪溶解注射の薬剤は

以下のような成分で構成されています。

薬剤の構成成分
  • aリノレン酸
  • サポニン
  • チロシン
  • ヒバマタ
  • オキナグサ
  • カラクサケマン

この中のサポニンが

大豆に多く含まれているものなのですが、

 

大豆アレルギーだとサポニンの影響で

腫れや痛みが長引く傾向がある

と言われています。

 

大豆アレルギーを持っていても、

どうしても脂肪溶解注射を受けたい場合には、

カウンセリングの際に相談しましょう。

 

施術を何度か受ける必要がある

キャラ

脂肪溶解注射は4回から6回は受ける必要があります。

薬剤の成分によって

脂肪細胞を破壊できる数には限りがあります。

 

体質や脂肪細胞の寮にもよりますが、

平均して少なくとも4回は

脂肪溶解注射を受けるべき

だと言われています。

 

ただし、ご紹介したリーズナブルな

美容クリニックで受ける分には、

 

脂肪吸引の費用と比較しても

かなり非常にお得ですよね!!

 

痩身効果は脂肪吸引に劣る

キャラ

痩身効果は直接的に脂肪細胞を吸引する脂肪吸引には劣ります。

脂肪吸引であれば一度の施術だけで、

必要十分な脂肪細胞を吸引できるから当然です。

 

それでも脂肪溶解注射には、

  • ダウンタイムが短い
  • 傷跡が残らない

というメリットもあります。

 

ですから、

あなたのニーズに合わせて選択してください。

 

それでは最後にもう一度、

脂肪溶解注射にオススメな厳選クリニック

をチェックしておきましょう。

ランキングを見る

 

脂肪溶解注射 大豆アレルギー フォスファチジルコリン 副作用

  • 脂肪溶解注射は大豆アレルギーだとNG?
  • フォスファチジルコリンの副作用とは?

最近、日本でとても

人気の出てきている脂肪溶解注射。

 

注射をするだけで痩せたい部分を

細くすることが出来る治療法です。

 

以前は脂肪吸引しか

治療法がありませんでしたが、

 

 

脂肪吸引はダウンタイムが長く

生活に支障をきたす

 

というデメリットがあります。

 

たとえば太腿の脂肪吸引をした場合、

しばらくは痛みで普通のスピードで歩けないことも。

 

脂肪吸引ではメスを使いますので、

傷跡も残りやすくなります。

内出血もしばらくは消えません。

 

確実な効果を実感することはできますし、

今の医療技術で失敗することはほとんどありません。

 

成功例も多数です。

 

ですが、

 

脂肪吸引の治療を受けるのに

抵抗を感じる人は多い

と思います。

 

私も顔を小さくしたいと長年悩んでいますが、

脂肪吸引を受けようとは思いません。

 

仕事のスケジュールも調整ができませんし、

受けるとなると大変だからです。

 

そんな脂肪吸引のデメリットを

解消した治療が脂肪溶解注射です!

 

先にも述べたように、

注射だけで細くすることができます。

 

もちろんメスを使うことはなく、

ダウンタイムもほとんどありません

 

治療時間は10分から20分の短時間で、

あっという間に終わってしまいます。

 

一応局所麻酔はしますが、

麻酔の注射が少しチクッとするだけ。

脂肪溶解注射自体は全く痛くありません!

 

終わった後はその部分に薬剤が入っていますから、

少し腫れたような感じになります。

 

その腫れのような浮腫みのようなものは

数時間すると落ち着いてきます。

 

稀に内出血をすることもあるそうですが、

ほとんどの場合は起こりません。

 

このように脂肪溶解注射は

とてもメリットの多い治療法になります。

 

メリットもあれば

もちろんデメリットもあります。

 

それは、

1回では効果が出ない

ということです。

 

大体受ける人はみんな

4回から6回の施術を繰り返します

 

私は以前顔の脂肪溶解注射の治療を受けたのですが、

3回受けても全く効果は見えませんでした。

 

4回目でやっと小さくなったな、

と実感できたのです。

 

ですので繰り返しの治療で

少しコストが高くなる傾向があります。

 

ですから、

  • モニター募集を行っているクリニック
  • コース料金が少し安いクリニック

で治療を受けることをおススメします。

 

また、

稀なケースですが、

施術後に筋肉痛のような痛みが出てしまう

ということもあります。

 

私生活に支障が出るほど

ではありませんので安心してください

 

もし痛みが気になるようでしたら

痛みどめを飲んでも構いません。

 

とはいっても、

メリットの方が明らか多いですよね。

 

そんな脂肪溶解注射ですが、

大豆と関係があるのはご存知ですか?

 

治療を受けた事がある人でも

そのことを知らない人が大半だと思います。

 

今回は脂肪溶解注射を詳しくご紹介します。

ランキングを見る

 

脂肪溶解注射は大豆アレルギーだとNG?

ネットで、大豆アレルギーのある人は脂肪溶解注射を受けることはできないと書いてあるのを見掛けます。

それは注射の中の薬剤に関係しています。その薬剤が原因で内出血が長く続いてしまったり痛みが出てしまうということが起こると言われているからです。

キャラ

ですが、結果から言ってしまうと脂肪溶解注射と大豆アレルギーには何の関係もありません!

たとえ大豆アレルギーの人が注射を受けても

アレルギーが出るわけではありません。

 

脂肪溶解注射には

植物由来の成分が6つ含まれています。

 

植物由来の成分6つ
  • aリノレン酸
  • サポニン
  • チロシン
  • ヒバマタ
  • オキナグサ
  • カラクサケマン

これらの成分の中に

サポニンという成分があります。

 

サポニンは実は

大豆に多く含まれるものなのです。

 

ですが、

脂肪溶解注射の薬剤の中に含まれるサポニンは

マロニエという落葉樹からとったものであり、

大豆アレルギーには全く関係ありません。

 

このサポニンという成分が

含まれているのが原因で、

 

「大豆アレルギーの人は受けてはだめ!」

とネットに挙がってしまっていますが、

まったくの無縁なのです。

 

痛みや内出血は誰にも出る

可能性のある術後の症状です。

 

ですから、必要以上に

心配しなくても大丈夫です。

 

それでも心配だという人がいれば、

先生にカウンセリングで直接相談してみましょう!

ランキングを見る

 

フォスファチジルコリンの副作用

フォスファチジルコリンという成分を知っていますか?

卵黄や大豆、レバーなどの食品に多く含まれるリン脂質の1種で、様々な器官に重要な成分になっています。

そして器官を構成するためにとても大事な成分です。

キャラ

上記の3種類の食品以外にもフォスファチジルコリンを含む食品は多く存在します!

私たちは普段無意識に

この成分を摂取しているのです。

 

フォスファチジルコリンの効能
  • 脳の活性化
  • 肝臓の働きのサポート
  • 動脈硬化の予防

脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの材料となり、

脳の機能を活性化させてくれます。

 

そうすることで。

記憶力の向上や集中力の持続時間を

長くしたりしてくれます。

 

また、肝臓の脂質代謝を活発にする効果があり、

肝臓に溜まる老廃物の排出を助けます。

 

フォスファチジルコリンには

脂肪を溶かす効果も!

 

コレステロールが血管に付着するのを防ぎ、

動脈硬化を防いでくれます。

 

身体の機能を助けてくれる

とても重要な成分

になっているのです。

 

ただし、

フォスファチジルコリンにも

副作用があります。

 

摂取してしまうと下痢や吐き気、腹痛

などが起きてしまう可能性がある

と言われています。

 

脂肪溶解注射には

フォスファチジルコリンが含まれています。

 

ですから、脂肪溶解注射の治療を受けて

そのような症状が出た場合はしっかり休みましょう。

 

それらの症状は、

出ても3日間くらいで落ち着きます。

 

のでもし症状が気になるようでしたら

市販薬などを飲んで対応して頂いても大丈夫です。

 

ただ、これらの症状が出るのは

ごく稀なケースです。

 

ほとんどの人には何も症状が出ませんので、

気軽に治療を受けてみて下さい。

ランキングを見る

 

まとめ

今回は脂肪溶解注射に絡め、大豆アレルギーのこととフォスファチジルコリンに関してご紹介いたしました。ネットでは事実ではないことが流れてしまうものですね。

脂肪溶解注射と大豆アレルギーは全く関係ないですので、大豆アレルギーがあり人も気軽に治療を受けて大丈夫です。

また、脂肪溶解注射に含まれる

フォスファチジルコリンには副作用がある

ということもわかりました。

 

ただ、その副作用が出るのは稀な話ですので、

こちらも心配しなくて大丈夫です。

 

嘘の情報がたくさん流れてしまう世の中ですが、

コンプレックスを解消するためにも

 

きちんとカウンセリングを事前に受けてから

治療に望んでください。

 

それが一番安全な方法です。

 

脂肪吸引に関する悩み相談について

>>脂肪吸引すると水が溜まる?水抜きは何回受けるべき?痛い?

>>脂肪吸引後につっぱりを感じる期間は?マッサージすれば治る?

>>脂肪吸引後に圧迫しすぎると危険?圧迫にかける期間はどの程度?

>>脂肪吸引後の圧迫にオススメなグッズまとめ!ガードル・タイツ・サポーター

>>脂肪溶解注射は団子鼻にも効果あり?少なくとも何回受けるべき?

>>脂肪溶解注射は大豆アレルギーだとNG?フォスファチジルコリンの副作用

ランキングを見る

 

 

記事作成の際に参考にさせて頂いた外部サイト一覧

公益社団法人 日本美容医療協会(JAAM) / 日本美容外科学会(JSAS) / 一般社団法人アジアアンチエイジング美容協会(AAAA) / 厚生労働省米食品医薬品局(FDA)

脂肪キュイーン 脂肪キュイーン 脂肪溶解注射 BLNS注射 脂肪吸引 選び方 脂肪溶解注射 オススメ クリニック 脂肪溶解注射 顔痩せ 効果 脂肪吸引 おすすめ クリニック ランキング 脂肪キュイーン